なっこのブログ

24歳、OL3年目。Webデザイナーレベルになりたくて、ひとまずコーディングの勉強はじめました。

20180224173141

料理の腕前を確認するにはカルボナーラを作ってもらえばいい

ふと思ったんだけど、カルボナーラ作ると料理の腕わかるよね。何を、どのサイズで、どの順番でフライパンに入れる、とか、どれくらい火を通すとか、液体量とか違いが出る。レシピもいろいろあるし、レシピ通りでもタイミングで味や食感変わるし。オムライス作るよりも、カルボナーラのほうが、個人で差がつく気がする。

カルボナーラじゃなくて、もっと複雑なもの頼んで作ってもらっても、もちろん良いんだけど、誰でも作り方が想像できるものじゃなかったら、先に下調べをして、もしかしたら練習もするかもしれない。「玉ねぎとベーコンあるわ、あ、カルボナーラ作ってよ」ってなったときに、発揮されるのが料理の腕前だと思うんです。

そんな誰かの料理の腕前を試さなきゃいけない機会なんかないけど。(笑)

その前に「得意料理は?」と質問すれば、答えに生活背景が出るか。まず、だいたいの人は「得意料理」が出てこない。正直に「料理しない」と言う人もいる。「レシピ見ればだいたい作れる」って人も。そうなら「冷蔵庫にあるもので適当に」のほうが、生活力あるイメージで好印象かも?煮物系が出てくる人は、ほんとに得意なのか、もしくは、「家庭的な女」風を狙ってる。一方、得意料理を聞かれてすぐに「和食」って答える人は、本物だと思う。もし「フレンチ」って答える人がいたら、真面目に料理勉強してるんだと思う。あと「カレーパン」って言う人も、料理教室行ってないと作れないと思うから、突っ込みどころ。

ちなみにこの会話を、微妙な空気になってもいいから終了させたければ、「得意料理は鍋」と答えればOK。

そんなこと考えながら、今日のランチはカルボナーラ食べてた。いつものカフェで。

f:id:nacco-s2:20180313212704j:image

時間なさすぎて、10分ぐらいで急いで食べて退店。おしゃれなカフェでゆっくり座って、優雅にランチ食べたい。早くこの忙しい1週間が終わってほしい~~